格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 三保飛行場

国内航空券検索

空港法の規定によると、「その他の空港」に分類されるという三保飛行場は、静岡県静岡市清水区三保に立地しています。三保飛行場は、清水三保半島の前に広がる、砂浜の中に設置されています。そして、三保飛行場に設けられた駐車場を訪れると、銅像が建てられているのがお分かり頂けることと思います。こちらの像は、かつて存在した、海軍の甲種飛行予科練習生をモチーフにしたものだそうです、予科練には甲乙丙という種別があり、甲種飛行予科練習生のことを、甲飛予科練と呼びました。そして、甲乙丙は、学歴の違いによって分けられ、それぞれの種別によって、訓練機関などが異なっておりました。しかしながら、太平洋戦争が終盤に差し掛かると、訓練期間はそれまでよりも大幅に短くなったのだそうです。予科練は、戦争が始まってから、全国の19か所で行なわれていました。その中の一つで、訓練をする練習生の使用する飛行場として、三保飛行場は開港されました。三保飛行場が開港したのは、太平洋戦争が終盤に入った、昭和19年9月1日のことです。その後、昭和20年6月1日には、そちらの予科練訓練校が廃止されることとなりました。そして、練習生は別の部隊へと再編成され、訓練を行ないましたが、実戦へ出撃することなく、終戦を迎えたのだという話です。

三保飛行場に関係の深い事柄として、航空券の発券に関する理解を深めておかれるのも良いでしょう。航空券を旅行会社で予約したり、発行してもらったりする場合には、その会社によって定められた発券手数料が徴収されるケースが多くなります。また、航空券を購入するのに際しては、一部の例外を除いて、航空運賃の他に、消費税や出入国税などといった税金を支払うことが必要となります。また、航空券の購入時には、旅客サービス施設使用料、旅客保安サービス料などといった名目で、空港使用料が徴収されたり、航空保険特別料金が必要となったりする場合もあります。ただし、それらの税金、費用などは、別途徴収されるのではなく、航空券の航空運賃に、相当額が組み込まれているケースも少なくありません。それらのコストは、同じ日本の航空券であったとしても、国内線、国際線の種別や利用する航空会社によって、課金の有無や必要となる経費の種類などが、さまざまに異なってまいります。また、チケットを入手する時期によって、それらの条件が異なる可能性もありますので、注意を要します。