格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 信州まつもと空港(松本空港)

国内航空券検索

わが国に存在する空港の中で、最も標高の高い場所にある松本空港を利用した経験のある人もおられることでしょう。松本空港は、信州まつもと空港という愛称で親しまれており、長野県松本市と、塩尻市にまたがる形で立地している地方管理空港になります。信州まつもと空港(松本空港)からほど近いエリアに設置された鉄道の駅からは、バスの運行があり、アクセス条件は良いようです。信州まつもと空港(松本空港)の中では、信州の名産品である野沢菜、蕎麦などを購入するための土産物屋が充実しているという話です。また、信州まつもと空港(松本空港)に設けられた展望デッキからは、発着する飛行機の、迫力のある様子を間近で見ることが可能となります。

信州まつもと空港(松本空港)の開港工事は、1963年、建設費3億7,300万円をかけて着工されました。開港してからは、さまざまなプロセスを経て、1980年代後半になると、当時の運輸省による地方空港整備計画に基づいて、滑走路を延長する計画が表面化してきました。また、長野オリンピックが1988年に開かれることが決定したことに伴い、長野県内のインフラを整備することとなりました。その一環として、オリンピックが開催される際、信州まつもと空港(松本空港)が空の玄関口として機能するべく、全面的にリニューアル工事の実施されることが決定しました。そういった事情から、この空港は1993年5月を以って、一時的に運航を休止する運びとなりました。その後、1,500メートルから2,000メートルへと滑走路を延長し、舗装の改良や老朽化、陳腐化の目立つターミナルビルの改築をするための工事には、総工費364億円が掛かったという話です。そして、運航が休止されてから1年2カ月が経過した1994年7月には、再び運用が再開されることとなりました。

そして、オリンピックが閉幕された翌日の、1998年2月23日には、帰国する外国の選手や報道関係者などのために、某空港に対して、5便の臨時便が運航され、信州まつもと空港(松本空港)はフル稼働することとなりました。しかしながら、こちらの大きなイベントが終了してからは、皮肉にも利用者が次第に減ってゆく一方となります。信州まつもと空港(松本空港)などで利用する航空券を手配する際には、航空券の入手方法を理解しておくことも重要になります。航空券は、航空会社や旅行会社で発行してもらうことが可能となります。そのように、どこで発見されたのかは、航空券の券面に記載がありますので、手元に航空券をお持ちの方は、確認してみられると良いでしょう。