格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 釧路空港

国内航空券検索

北海道釧路市にある空港として、釧路空港があります。釧路空港自体の本体は釧路市にありますが、滑走路をはじめとして施設の一部は白糠郡白糠町にまたがって運営されています。釧路空港には愛称があって、「たんちょう釧路空港」と呼ばれることもあります。釧路市の中心部から20㎞程度離れたところにあって、丘陵の所に建設された空港です。近くには釧路湿原国立公園や阿寒国立公園がある立地条件で、道東部の拠点空港として重要な役割を担っています。2012年度の年間利用者数を見てみると、国内線が624937人、国際線で15231人となっています。釧路空港の空港ターミナルは、釧路市のイメージしたデザインとなっています。外観部の屋根を見てみると、雌阿寒・雄阿寒岳をモチーフにしたデザインとなっています。また建物の所には、赤いラインの縁取りがなされています。そして外壁のベースになっているカラーはグレーです。この両者のコントラストによってタンチョウヅルをイメージさせています。また正面には、グリーンのガラスが広がっている個所があります。これは、釧路湿原の広がりをモチーフにしてデザインされたといいます。基本的にターミナルビルは国内線の設備を中心としていますが、国際線の設備もあって、入国検査場のシステムも用意されています。ターミナルビルの1階には、航空会社のカウンターがあって、ここで航空券の手配などを行います。その他にも総合案内所やレンタカーの受付カウンターなどが用意されているので、釧路に到着してどうしようか困っている人にとっては、大変心強いでしょう。その他にも派出所や喫茶店が用意されています。2階になると出発ロビーがあって、搭乗の待合室や売店が設けられています。3階には、送迎デッキやレストラン、有料の待合室が用意されている構成です。送迎デッキに関しては、無料で入場可能です。

釧路空港では、国内路線を複数運行しています。日本航空では東京国際空港の路線があり、航空券の販売を行っています。また全日空では新千歳空港や東京国際空港、季節運航便として大阪国際空港の航空券の販売をしています。北海道エアシステムでは、丘珠空港の航空券販売を実施しています。AIDOでは、東京国際空港の運行をしています。国際線も運行されていて、トランジスタアジア航空では台湾便の航空券の販売を展開しています。その他にもジンエアーでは、チャーター便として韓国便の就航をする予定になっています。