格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 神津島空港

国内航空券検索

さまざまな目的で航空券を手配したり、持っている航空券で搭乗の手続きをしたりするためには、神津島空港を利用するのも良い方法です。東京都神津島村にあり、1992年に開港した神津島空港は、東京都港湾局によって運営される東京都営空港に分類されます。航空券の手配、航空券による搭乗手続きなどで、神津島空港をおとずれる場合には、当空港で発着する公営バスが存在しますので、航空券が入り用な人などは利用されることをおすすめします。神津島空港はノンタワー空港であり、管制塔が設けられていないという特徴があります。神津島空港は、リモート管制という環境の下に置かれているため、一般的な空港のように、管制官などが存在しないことを覚えておく必要があります。そのような事情もあってか、先日、この空港への着陸をする際、車輪を出し忘れたために機体を損傷したというニュースが報じられました。

先ほども述べたように、管制塔の設置された一般の空港では、管制官が着陸する航空機を可能な範囲で目視確認しているため、車輪の出し忘れなどの問題が発見されれば、注意喚起をするものと思われます。ただし、管制官にはそうしたチェックをする義務は存在しませんし、パイロットもそれを期待するということはありません。パイロットは、イメージトレーニングなどをおこなって、着陸に際して必要となる一連の作業を、記憶だけに頼ってスムーズにすることができるよう、訓練するのだそうです。そのようなスキルが身についた上で、最終的には、チェックリストによって、作業項目の確認をすることとなります。そういった意味合いからすると、チェックリストは最後の砦ということとなり、このプロセスを経るのを忘れると、最も危険な状態に陥ることを覚えておかなくてはいけません。ただ、日ごろの慣れによってチェックリスト確認し忘れたり、充分にチェックしなかったりするという問題が発生するおそれもあります。また、他の航空機が近づいたり、天候条件が悪化したりするなど、何がしかの外的な要因が変化したことにより、それらの作業が、通常通りの流れでおこなわれなくなるリスクも存在するでしょう。また、航空会社などが所有する機体には、車輪の出し忘れがあった場合に、警告するためのアラームが付いています。しかしながら、こちらのニュースで報じられたような個人所有の小型機には、そのような機能が存在しかったことも、問題の要因となったかも知れません。