格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 小松飛行場(小松空港)

国内航空券検索

石川県小松市に立地する小松飛行場(小松空港)は、防衛省によって管理されています。小松飛行場(小松空港)では、航空自衛隊の基地と、民間航空が滑走路を共有しているという特徴があります。それらの内、民間航空を利用する消費者の間では、ターミナルビルなどの施設を呼ぶ際に、「小松空港」という通称が使われています。小松飛行場(小松空港)は、小松市や金沢市、福井市をはじめとして、石川県南部や福井県北部へのアクセスをする際の拠点として利用されています。小松飛行場では、滑走路の両側に誘導路が設けられています。その内、山側、海側をそれぞれ、航空自衛隊、民間航空のターミナルが利用するという形態になっています。

小松飛行場(小松空港)は、本州の日本海側に設置された空港の中では、最も乗降する客数が多いのだそうです。また、ILSと呼ばれる計器進入装置が設置されているおかげで、寒いシーズンに、天候条件が悪化したとしても、運航を見合わせなくてはいけなくなるリスクが比較的低いのも、この空港のアドバンテージと言って良いでしょう。小松飛行場(小松空港)では、2005年から2006年にかけて、主として貨物便を想定したヨーロッパ諸国、アメリカ合衆国との直行便を就航することができるように、滑走路の舗装かさ上げ工事が行われ、2006年からは供用が開始されることとなりました。

小松飛行場(小松空港)などを利用して飛行機に搭乗したい人は、航空券の手配をするための方法にも注意を払う必要があります。昨今では、航空会社の運営するウェブサイトを通じて、チケットレスサービスを享受し、航空券の発券を受けずに予約、決済の手続きをする消費者が数多く見受けられます。そのような方法を選択する場合には、一部の高速バスを利用する時と同じように、予約をしてから、コンビニエンスストアで運賃を支払って、レジで印字された控え証を受け取り、航空券の代わりに利用することも可能となります。

また、支払い方法として、クレジットカード払いを選択した場合、航空機に搭乗する当日などに、空港のカウンター、チェックイン機などで予約番号を入力したり、購入の際に使ったクレカを、チェックイン機へ挿入したりするなどといった方法によって、航空券兼搭乗券を受け取ることが可能となります。こうした方法で航空券を手配する場合には、念のため予約する時の画面を、プリンターで印刷するなどして保管しておくことをおすすめします。そうした対策を講じれば、後々の手続きがスムーズに進むことでしょう。