格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 北大東空港

国内航空券検索

北大東空港は沖縄県の北大東島にある空港で、多くの利用客が観光などが目的でこの北大東空港を利用しています。北大東空港の歴史は1971年に緊急着陸をするための飛行場という目的で今ある空港に設置されて、救急患者を輸送するための空港という意味合いがありました。7年後の1978年には今の空港名で営業が開始されました。当初は滑走路が800メートルしかなかったのですが、1997年には滑走路が1500メートルとなって飛行機の離陸や着陸もしやすくなりました。北大東空港は那覇空港と行き来する人が多いですが、利用していた飛行機の影響もあって天候が悪くなってしまったり、風が強くなってしまうとすぐに欠航になってしまう欠点があったので、滑走路を1500メートルにした歴史がある空港なのです。北大東空港を利用している利用人数は2012年のデータで約16,000人で多くの利用客が観光で北大東空港を利用しています。北大東空港からも航空券を購入することができますので、定期路線が運行されていますし、帰りの航空券もこの空港で購入することができます。定期便は1日1便の定期便が運行されていて、那覇空港と行き来できる定期便となっています。この那覇空港行きの航空券もここで購入することができます。

北大東空港からの定期便路損は那覇空港の他に南大東空港にも行くことができる定期便となっていて、この3つの空港で三角ルートで毎日運行されています。毎日定期便の飛行機が運航されていますが、この定期便に乗るための航空券も毎日販売されているので、当日でも航空券を買うことができて旅を楽しむことができます。この北大東空港はあることが日本一の空港として知られています。その日本一とはどのようなことなのか?というと、隣の空港の南大東空港との距離が直線距離で約12キロしかなく日本で一番短い定期便の航空路線として知られています。この距離だと15分もしないで空港に着陸してしまいますので、飛行機のタイヤ(車輪)を格納しないまま隣の空港に着陸してしまうこともあるようで、その他の空港では考えられない日本一を味わうことができる空港としても魅力を感じることができます。旅行で利用する人が多いですが、この定期便は大手空港会社の子会社が運営しているので、航空券の手配ミスなどはありえませんが、天候の関係で欠航してしまうことも多いので、その際には航空券の払い戻しを北大東空港ですることができますので、しっかりと手続きをするようにしてください。