格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 関西空港(関西国際空港)

国内航空券検索

完全24時間運用可能な国際空港であるという特徴を持つ関西国際空港は、「関西空港」もしくは省略して「関空」という通称で呼ばれることがあります。関西空港(関西国際空港)は、近隣に存在する二つの空港とともに、関西三空港を構成する要素の一つとしても知られています。大阪湾内の、泉州沖にある人工島に作られている関西空港(関西国際空港)は、1994年に開港しました。そうしたことから、泉佐野市泉州空港北・泉南郡田尻町泉州空港中・泉南市泉州空港南が、関西空港(関西国際空港)の所在する地名になります。このように、関西空港(関西国際空港)は、敷地面積のすべてが人工島で占められている海上空港であり、旅客、航空貨物の双方を、24時間運搬することができるという二つの点に於いて、どちらも日本初となる特徴を有しています。また、先ほどご紹介した関西三空港の中で、関西空港(関西国際空港)は、定期的に国際線が就航している、唯一の空港となります。そういった事情から、関西空港(関西国際空港)は、近畿エリアに於ける、空の国際的な玄関口として、有効に機能しています。関西空港(関西国際空港)には、二つの空港島、二本のオープンパラレルの平行滑走路があります。それらの内、B滑走路は、某空港のA滑走路と同じく、4,000メートルという、わが国で最も長いものとなっています。また、関西空港(関西国際空港)は、空港の敷地面積、滑走路の規模からすると、西日本で最も大きな空港ということになります。そして、航空機の離着陸する回数、旅客の人数という条件で比較すると、関西空港(関西国際空港)は、関西三空港を構成する中の、もうひとつの空港と同じレベルにあります。

関西空港(関西国際空港)などで使用される航空券には、手書き券と自動化券という、二つのバリエーションが存在します。現在では、国外のごく一部地域を除いて、大半が自動化された航空券によって占められています。自動化券は、航空会社の所有する、航空券を予約するためのコンピューターシステムと連動していて、そのシステムに組み込まれた機器から発行されます。そして、航空券の様式には、TAT券、ATB券、電子航空券という三種類があることも覚えておかれると良いでしょう。その内、TAT券、ATB券は、それぞれTransitional Automated Ticket、Automated Ticket & Boarding Passの頭文字をとった略称となります。それらの中で、TAT券には、裏面が赤や黒のカーボン紙になっていて、二枚つづりや四枚つづりであるという特徴があります。