格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 出雲空港(出雲縁結び空港)

国内航空券検索

出雲空港(出雲縁結び空港)は、日本人であれば、誰もが知っていると言っても過言ではない出雲大社から、ほど近いエリアに立地しています。また、出雲空港(出雲縁結び空港)からは、出雲大社以外の観光スポットへのアクセス条件も良いので、観光目的の旅行でこの地を訪れる予定のある人は、是非とも出雲空港(出雲縁結び空港)の利用をされることをおすすめします。出雲空港(出雲縁結び空港)の所在する島根には、JR新幹線の停車する駅が存在しないため、陸上の交通機関が利用しづらいと感じている人も多くいらっしゃるのではないでしょうか?そういう方は、出雲空港(出雲縁結び空港)を利用するのも有効な選択肢となるでしょう。例えば、出雲空港(出雲縁結び空港)から出発し、東京を目的地とした便を利用した場合、JR新幹線よりもスピーディーに到着する他、負担するコストもあまり変わらないと言われています。島根県出雲市に立地している出雲空港(出雲縁結び空港)は、地方管理空港に属し、「出雲縁結び空港」という愛称でも親しまれています。出雲空港(出雲縁結び空港)を建設するための工事は、1963年に始まり、1966年には島根県営出雲空港として開港しました。そして、1970年、1991年には滑走路が延長され、1993年には現在の旅客ターミナルビルが完成しました。その後、1998年には空港の運用時間が、従来よりも一時間半延長されて、13時間とされ、7時30分から20時30分まで運用されることとなりました。そして、1998年、2005年には、出雲空港(出雲縁結び空港)の利用者数が、累計でそれぞれ1,000万人、1,500万人に達しました。その後、2010年には「出雲縁結び空港」という愛称の使われることが決定し、11月20日にはそれを記念するセレモニーが行なわれました。

出雲空港(出雲縁結び空港)などで航空券を利用する人は、予約条件を変更した時の、払戻し手続きのしかたについても理解しておかれることをおすすめします。航空券の払戻しを受ける際の条件は、日本の大手航空会社の中でも、国内線と国際線とで、違いがあるようです。その内、国際線の航空券では、払戻しを受ける際に差し引かれる手数料の種類や、払い戻しの可否が、場合によって異なるという特徴があります。そういった事情を考慮に入れて、その種の航空券で払戻しを受けたい人は、それぞれの運賃の払戻し規定を確認されると良いでしょう。また、格安航空券と呼ばれるチケットの場合、現金ではなく、マイル・ポイント、現物給付、クーポンなどによって、払戻しが行なわれる航空会社も存在するということです。そうした払戻し手数料の金額は、一律に決まっていますが、その名目の手数料自体が存在しない航空会社もあるようです。