格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 岩国錦帯橋空港

国内航空券検索

民間機の就航する空港としては、岩国錦帯橋空港の愛称で知られる、岩国飛行場は山口県岩国市三角町にあります。岩国錦帯橋空港は岩国基地、岩国空港と呼ばれることもあり、アメリカ海兵隊、海上自衛隊によって使用される飛行場、基地であることを覚えておきましょう。岩国錦帯橋空港が建設され始めたのは、旧海軍時代にまで遡ります。1938年、大日本帝国海軍の飛行場として、建設が開始され、1940には海軍航空隊が開設されました。それ以降、主に教育隊や練習隊の基地として、使用されることとなります。そして、1943年には海軍兵学校が開設されましたが、1945年、イギリス軍、アメリカ軍をはじめとする連合国軍によって空襲、機銃掃射を受けた影響で、基地の施設が被った損害は少なくありませんでした。その後、1945年8月15日に終戦を迎えた後は、アメリカ海兵隊によって接収されることとなります。そして、連合国の一国として中国地方、四国の占領に当たったイギリス連邦によって、1946年には空軍基地とされ、イギリス連邦空軍司令官の指揮下にあるイギリス空軍、オーストラリア空軍、インド空軍、ニュージーランド空軍などといったイギリス連邦占領軍、そしてアメリカ空軍によって駐留されることとなります。その後、1948年にはオーストラリア空軍へ移管され、1948年には英国の某航空会社が、定期的な乗り入れを開始することになりました。

岩国錦帯橋空港などで航空券を利用する場合には、その効力にも気を配る必要があります。例えば、岩国錦帯橋空港に限らず、さまざまな空港で使用される航空券の中には、格安航空券と呼ばれるものも少なからず存在します。その種の航空券の中でも、特にリーズナブルな値段設定のなされた航空券を利用する場合には、負担するコストが少なくて済むというメリットがあることは言うまでもないでしょう。ただし、それらのチケットの中には、直行便ではなく、乗り継ぎ便の取り扱いとなっているものが存在しますから、その点はご注意ください。日本から出発して、ヨーロッパを目的地とする便を例にとると、香港やソウル、モスクワなどといった経由地に於いて降り、別の便へ乗り継ぐことを余儀なくされる可能性があります。そのような状況になると、一般的な直行便と比較して、乗り継ぎの手続きを行なったり、次のフライトまで待機したりするために、多くの時間やエネルギーを負担せざるを得なくなることを覚悟しておいた方が良いでしょう。