格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 伊丹空港(大阪国際空港)

国内航空券検索

大阪国際空港は、大阪空港、伊丹空港といった通称で呼ばれることもあります。伊丹空港(大阪国際空港)は会社の管理する空港で、大阪府の豊中市と池田市、兵庫県伊丹市にまたがって立地しています。かつては、伊丹空港(大阪国際空港)の正式名称である大阪国際空港の名に違うことなく、国際空港として機能していました。しかしながら、現在では、伊丹空港(大阪国際空港)は、国内線の拠点として運用されているということです。伊丹空港(大阪国際空港)の他に、関西地方に設置されている二つの空港と合わせて、関西三空港と呼ばれます。伊丹空港(大阪国際空港)では、二府県三市にまたがっているという立地条件の特性ゆえに、空港ターミナルビルや大阪モノレール線の駅、エプロン付近に於いて、府県、市の境界線が複雑に入り組んでいるという特徴があります。そういった事情があって、大阪府警豊中警察署、兵庫県警伊丹警察署の両書が常駐するという形態を取っており、空港警察署は設置されていないそうです。

また、伊丹空港(大阪国際空港)は大阪市、神戸市、京都市などによって形成される京阪神都市圏の、ほぼ中心部に位置しています。そうした立地条件から、交通の便が良く、近畿圏における国内線の拠点として有効活用されているようです。特に、オフィス街へのアクセス条件が良好であることから、ビジネスを目的としてこの空港を利用する人々は数多く見受けられます。伊丹空港(大阪国際空港)を呼ぶ時に、大阪空港という通称を使用すると、先ほど紹介した他の空港と、混同を招くおそれがあります。そういったリスクを軽減する必要のある時には、伊丹空港(大阪国際空港)という呼び方が用いられるケースが多いようです。伊丹空港(大阪国際空港)に於いては、所有する航空券によって搭乗の手続きをするビジネスパーソンなどが多く見られます。それらの航空券に普通運賃が適用されている場合には、日本の国内線で、予約が無い状態であれば、航空券を発行した日の翌日から起算して、90日間がチケットの有効期限とされています。ただし、航空運賃が自由化されたことに伴って、割引運賃が適用される場合には、特定の便、座席だけに効力を発揮することとなります。そして、国際線の航空券で、普通運賃が適用される場合は、予約なし発券であれば、発行日の翌日から数えて、一年間が有効期間となっています。こちらの航空券に関しても、割引運賃の適用がある場合、先ほど述べた国内線と同じルールが適用されることとなる他、さらに旅行の最低必要日数、上限日数を定めるケースも存在するということです。