格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 壱岐空港

国内航空券検索

地方管理空港に分類される壱岐空港は、長崎県壱岐市に立地しています。壱岐空港の周辺にはレンタカー乗り場やタクシー乗り場、海水浴場、民宿、キャンプ場などが存在します。その内、レンタカーやタクシーを利用すれば、電車やバスなどといった交通機関とは異なり、発着ダイヤや運行ルートによる制約を受けることなく、自由度の高い移動をすることが可能となります。壱岐空港の歴史は、1965年に某航空機の墜落事故が発生した時にまで遡ります。その後、1966年に壱岐空港の供用が開始されました。壱岐空港では、かつてジェット機が離着陸するのを可能とするため、滑走路を延長する計画がありました。しかしながら、機体が小型化したり、ある便が廃止されたりしたことによって、実際には行なわれていません。壱岐空港を訪れたいと考えたり、利用する必要性に迫られたりしている人は、コスト削減やサービスの簡略化によって、低価格の航空券を販売する、LCCに関する理解を深めておかれてはいかがでしょうか?そういう風に、航空券の低価格化を実現するには、機内サービスを簡素化するという選択肢もあります。例えば、従来は無償で提供していた毛布、枕などを有償化したり、それぞれのシートに設置されていたビデオ、音楽放送、機内で利用する雑誌、新聞などといったエンターテインメントの要素を省略したりすることで、航空券の値段を引き下げることができます。そして、座席の、前後間隔を短くすることにより、座席数を増やしたり、座席をすべてエコノミークラスとしたりすることにより、コストパフォーマンスを向上させ、航空券の低価格化という目的を果たすことが可能です。

また、航空券を販売する上で、コストを削減するという方法もあります。例えば、旅行代理店を介するという従来の販売ルートから、流通経路を省略して、インターネットを利用したチケットレスサービスを提供するという方法もあります。こちらのサービスでは、旅客がみずから、ネット上で予約したり、電子航空券を利用した直接予約を行なったりするため、チケットを販売する上での中間マージンや人件費を節約することが可能となります。また、比較的多くの場合、格安航空会社はマイレージサービスをはじめとする、顧客を対象としたアライアンスに加盟していないそうです。そういった選択をすることで、無駄な経費をカットして、チケットの値段をリーズナブルに設定することができます。