格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 百里飛行場(茨城空港)

国内航空券検索

航空自衛隊の管轄する飛行場として、茨城県小美玉市に設置されている百里飛行場は、民間施設としては茨城空港という名称で呼ばれています。茨城空港に存在する二本の滑走路は、航空自衛隊の基地と供用しているため、航空自衛隊や在日アメリカ空軍の所有する機体が、当空港へ飛来するケースも存在します。1937年、海軍の飛行場として設置されてから、所在する地域は終戦後、満州など、海外から引き揚げてきた人たちによって開拓されることとなります。そして、1956年には航空自衛隊の基地を建設する計画が持ち上がり、1966年、その基地が設置される運びとなりました。

その後、1993年には、小美玉市へと名称変更される前の小川町から茨城県に対して、この基地を民間共有化することをはじめとした、小川町の活性化を推進するための要望書が提出されました。そうした小川町、及び同議会からの要望を受けて、県が飛行場の民間共有化をすることのできる可能性を調査することになりました。そして、1990年にはこちらの施設、区域が在日米軍に新規提供されました。その後、1995年に、この飛行場を民間共有化する構想が、県によって発表され、2000年に民間共有化事業として事業化されました。2008年には旅客ターミナルビルの建設が開始され、2009年に新しい滑走路が完成し、供用が開始された他、現在の滑走路をリニューアルする工事が始められました。また、2011年に発生した大規模震災では、ターミナルビルのつり天井が落下するという被害が出ました。この時には、つり天井を復旧させることは見送られ、落下しなかったものも含めて、全てのつり天井が撤去されることとなりました。茨城空港の所在する茨城県では、茨城空港を、首都圏に存在する第三の空港として、位置づけようとしているそうです。

茨城空港などで航空券を使って搭乗手続きをしたり、航空券を入手したりする場合には、適用される運賃、利用条件に関する自由度などにも注意を払う必要があります。例えば、茨城空港などで利用される航空券には、普通運賃のものの他、割引運賃が適用されたチケットが存在します。そのように、航空券の割引率が高くなると、負担するコストは少なくて済むという利点がある反面、購入することのできる期限や場所、航空券の有効期限、効力を発揮する便、選択可能な座席の範囲、座席数、空席待ちをする時の優先度、予約の変更、キャンセルなどに際して、自由度が低くなることを覚悟しておいた方が良いでしょう。