格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 函館空港

国内航空券検索

北海道の中でも道南地区の政治や経済、文化の中心地として機能しているのが函館市です。この函館市にある空港として、函館空港があります。函館空港のいい所は、立地条件の良さにあります。函館市の中心部から9㎞程度の所に位置していて、バスに乗れば20分くらいで中心地に到着できます。函館市の中には、湯の川温泉といわれる奥座敷とも呼ばれる観光スポットがあります。函館空港は湯の川温泉から4.5㎞の所に位置しているので、温泉客が利用する空港としても知られています。年間利用者数は2012年度で国内線が1419174人、国際線の利用者数は77668人に達しています。この数や空港施設の充実度、貨物の取扱量ともに新千歳空港に次ぎ函館空港は北海道でも第2の規模を誇る空港といえます。国内線と国際線の両方が運行されていますが、両者のターミナルビルは隣接しては位置されています。その他にも函館空港の中には、海上保安庁の函館航空基地も併設されています。

国内線を見てみると、日本航空と北海道エアシステム、全日空、AIRDOが航空券の販売を行っています。日本航空は、東京国際空港と大阪国際空港の航空券を販売していて、運航を実施しています。北海道エアシステムでは、丘珠空港や奥尻空港の航空券を販売しています。また全日空では新千歳空港と東京国際空港、中部国際空港、関西国際空港の路線の航空券の販売を実施しています。AIRDOは、東京国際空港の路線の航空券販売を展開しています。ちなみに函館空港と東京国際空港の旅客数は、年間103万人程度です。函館空港では国際線の運航も実施しています。函館空港では現在台湾の空港との往復便が就航しています。トランジスタ航空やエバー航空が路線を持っていて、航空券の販売を実施しています。その他にはチャーター便ではありますが、キャセイパシフィック航空の香港路線が運行されていて、往来も比較的頻繁であるといわれています。函館空港では先ほども紹介したように、国内線と国際線のターミナルが用意されています。それぞれ航空券チケットの管理を行う航空会社のカウンターや出発と到着ロビーが用意されています。空港というと、ラウンジが待合室とは別に用意されています。函館空港もラウンジがありますが、国内線のみの運用となっています。またレストランもありますが、国内線のみとなっていて飛行機の離発着の様子が展望できるようなレイアウトになっています。