格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 八丈島空港

国内航空券検索

地方管理空港に属する八丈島空港は、東京都八条町にあります。八丈島空港は1927年、旧海軍の運営する飛行場として誕生しました。その後、1954年には村営飛行場となり、2005年には八丈町長の念願がかなって、条件付きで運賃が引き下げられることとなりました。八丈島空港の利用料金値下げに伴って付加された条件とは、半年間で、10,000人以上利用者数が増加するというものでした。そちらの条件が満たされたため、八丈島空港では、2006年4月以降も、値下げを継続することとなりました。八丈島空港などで利用することのできる航空券には、鉄道などの陸上交通機関の乗車券とは、異なる特徴があることも覚えておかれると良いでしょう。例えば、電車などの場合、途中で下車したり、降車する駅で超過した料金を精算することにより、乗り越しをしたりすることもできますが、航空券を券面に記載された区間以外で利用することは、原則としてできません。また、航空券を利用する場合には、出発地と到着地を逆にすることも、基本的には許されておりません。ただし、ビジネスきっぷ、法人を対象とした回数券といった一部のチケットでは、逆区間の利用や予約条件の変更、マルチエアポートに設定された都市内に於いて、発着する空港の変更などが認められていることも覚えておきましょう。

そして、数多くの航空会社に於いては、同一の旅程に設定された複数の区間の中で、ひとつでも搭乗しなかった区間がある場合、その区間だけではなく、残りの区間すべての効力を失うという取り決めを採用しているということです。こうした決まりごとは、電車などで途中下車した時に、前途が無効となるのと同じ特性を有していると言って良いでしょう。ただし、鉄道などの場合、無効となった区間の乗車料金が払い戻されることはないのが一般的であるのに対して、航空券では、クラスによって無効区間の運賃は払い戻される場合があるという違いが存在します。また、一部の航空会社では、往復航空券の往路を放棄したとしても、復路が有効であるというルールを導入しているという例外も存在するということです。そして、航空券は、適用される運賃の割引き率によって、利用条件に関する自由度の高さが変わってくることも覚えておく必要があります。一般的には、航空券を購入する際の割引き率が高ければ高いほど、利用者の都合や事情によって、条件を選択する自由度は低くなると考えて良いと思われます。