格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 福井空港

国内航空券検索

地方管理空港に分類される福井空港は、福井県坂井市春江町江留中に所在します。1976年からというもの、福井空港で離着陸する定期便は存在しませんが、自家用プロペラ機、グライダーなどの発着は行なわれているのだそうです。それらの内、グライダースポーツの訓練をするために、数多くの大学にある航空部の所属学生が、福井空港を訪れるのだという話です。福井空港では、グライダーを他の航空機で曳いて、離陸させるというスタイルで訓練をすることが可能となります。このような訓練ができる空港は、日本国内では数少ないために、グライダーのパイロットから、福井空港は支持されているということです。

また、この空港では、そうした訓練だけではなく、毎年恒例のグライダー競技会も行なわれているようです。そして、映画の撮影現場として、当空港が使用されることもたびたびだという話です。こちらの空港は、1964年に建設工事が始められ、1966年、開港することとなりました。しかしながら、1973年には、ほど近い場所にある某空港で、ジェット化がなされたために、利用客が減るという影響を受けました。福井空港の滑走路は短いために、大型の機体が発着することができないというディスアドバンテージがあります。そうした事情から、当空港の経営状態が悪化し、1976年3月を以って、定期航路が廃止されることとなりました。

この空港に限らず、全国各地に存在する空港を利用する際には、航空券の利用方法に関する理解を深めておくことも大切なファクターになります。例えば、日本国内を出発地とした国際線の航空券を手配する際、従来であれば、旅行代理店や航空会社の営業所に設置されたカウンターなどへ出向いて、航空券を購入するのが一般的でした。しかしながら、昨今では、ネット上から予約の手続きをする、チケットレスサービスによる販売に注力している航空会社が数多く見受けられました。こちらのサービスでは、航空券の発券手数料などが導入されるまでの間は、実店舗における購入よりも、若干値段が安くなるように設定されていたということです。ただ、国内の大手航空会社による、国内線のチケットレスサービスにおける割引料金の適用は、2007年9月30日搭乗分を以って、終了し、廃止される運びとなりました。そして、最近では、さまざまな経路から、航空券を入手するのに際して、航空会社によって、航空券の発券手数料が徴収されるケースが増えて来ているようです。