格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 福江空港(五島つばき空港)

国内航空券検索

長崎県五島市に立地する福江空港(五島つばき空港)は、地方管理空港に属し、「五島つばき空港」という愛称で親しまれています。こちらの愛称は、五島市によって公募され、2014年3月に決定したものです。福江空港(五島つばき空港)へのアクセスには、バス、もしくはマイカー、レンタカーなどを利用することができます。その内、クルマを使って福江空港(五島つばき空港)へ出向く際には、空港ターミナルビルの前に駐車場が設置されており、使用料は無料となっていますので、利用されてみてはいかがでしょうか?福江空港(五島つばき空港)の歴史を振り返る時、1960年、飛行場の設置を許可された時にまで遡ります。その後、1963年に、1,100メートルの滑走路を有する福江空港(五島つばき空港)は開港しました。そして、1973年、1976年、1986年、1988年には滑走路をそれぞれ1,200メートル、1,500メートル、1,600メートル、2,000メートルへと延長しました。また、1988年には新しいターミナルビルの供用が開始されました。福江空港(五島つばき空港)内には、警察署の派出所やレストラン、売店といった施設が備え付けられていて、トラブルやアクシデントへの対応、飲食物の提供などのサービスが提供されています。

福江空港(五島つばき空港)にまつわる情報として、サービスの簡素化やコスト削減によって、航空券の低価格化を実現している格安航空会社に関する理解を深めておくことをおすすめします。そのように、航空券の値段を安くするためには、機内サービスの簡略化を図るという方法もあります。例えば、機内で提供される食事、ドリンクを有料化したり、簡素化したりすることにより、航空券の値段を低く抑えることが可能となります。そういった対策の他に、リーズナブルな価格設定の航空券を販売するために、外部から機内へ、飲食物を持ち込むのを不可としたり、持ち込むことはできたとしても、機内で飲食することが認めなかったりするケースも存在します。そして、従来は無料で提供していた手荷物預かりのサービスに於いて、無償枠を引き下げたり、完全に有料化することにより、航空券の値段を下げることができます。また、機内で使用するシートに、吸水性の高い素材を用いると、飲み物がこぼれた時などに、掃除するために多くの時間やエネルギー、コストを負担しなくてはいけなくなります。それらの手間暇、費用を節約するために、本革、あるいは合成革張りといった清掃のしやすいシートを利用するという選択肢もあります。その他に、座席指定の廃止や座席位置による価格差の設定、座席指定の有料化といったコスト削減方法もあります。