格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 調布飛行場

国内航空券検索

飛行機に乗る際、調布飛行場を出発地とする航空券を頻繁に利用するという方もいらっしゃるのではないかと思われます。東京都調布市にある調布飛行場の正式名称は、「東京都調布市飛行場」で、「調布空港」と呼ばれることもあるそうです。調布飛行場から出発する飛行機の航空券を入手したり、所有する航空券の搭乗手続きをする人は、この空港が開設されるまでの経緯を知っておかれるのも良いと思われます。当空港が設置される前の1938年、陸軍次官、内務省次官によって、東京府知事に対する飛行場建設への協力が申し出られました。その後、某小学校における飛行場建設予定地の説明会を経て、1939年には「東京調布飛行場」の建設が告示され、東京府知事から逓信大臣へ、飛行場の設置許可申請がなされました。その後、地鎮祭がおこなわれ、建設工事が開始される運びとなりました。

それらのプロセスを経て、調布飛行場が、現在と同じ場所で開設されたのは1941年のことです。この年には竣工式がおこなわれ、東京府によって、公共用飛行場として開設されることとなりました。ただし、開設当時の名称は「東京調布飛行場」であり、現在のものとは違っておりました。調布飛行場では、1995年から、毎年10月ごろ、イベントが開催されています。こちらの催しでは、セスナやヘリコプターが展示されたり、それらの機体を使用したデモ飛行がおこなわれたりしています。また、オークションやフリーマーケット、スタンプラリー、屋台などの出しものもありますので、航空券の入手や、航空券による搭乗手続き以外の目的で、この空港をおとずれてみるのも良いでしょう。

調布空港へアクセスするためには、バスや電車、自動車といった交通手段を利用することが可能となります。それらの内、自家用車やレンタカーなどを利用する場合には、有料の駐車場が設けられておりますので、利用されるのも良いでしょう。また、最もアクセス条件の良い駅を降りてから、タクシーに乗ると、10分程度でこの空港へ到着するということです。また、その駅とは別に、地図上で見ると調布空港に近い駅が存在します。しかしながら、この駅を利用すると、滑走路を挟む形で、ターミナルビルと反対側に出てしまうために、空港への出入りをする目的で使用するのは適切ではありません。また、旅客ターミナル前に設置された停留所で発着のあるバスの中には、運航している本数が非常に少ないものも存在するということです。