格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 中部国際空港(セントレア空港)

国内航空券検索

セントレアという愛称で親しまれている、中部国際空港(セントレア空港)に興味、関心のある人も多くいらっしゃることでしょう。中部国際空港(セントレア空港)は、読んで字のごとく、中部地方の国際的な玄関口として、有効に機能しているようです。中部国際空港(セントレア空港)では、主として国内各地、アジアの主要な都市を目的とした便の運航があります。ただし、中部国際空港(セントレア空港)からフランクフルト、ヘルシンキといったヨーロッパのドイツ、フィンランドの地へと出発するフライトも存在します。中部国際空港(セントレア空港)では、内部の施設も充実していて、さまざまな種類のメニューを提供する飲食店、ショップだけではなく、湯船に浸かりながら、離着陸する飛行機の様子を眺めることのできる、展望風呂も設置されています。これらの施設は、子どもにとってはたいへん魅力的なものなので、子ども連れのファミリーなどにはおすすめの空港と言って良いでしょう。また、この空港では国内線と国際線のゲートが別々に設置されているため、道に迷うリスクが低いというメリットもあります。

そして、中部国際空港(セントレア空港)のスカイデッキからは、離着陸する飛行機の様子がよく見えます。ただ、こちらのスカイデッキが開放されている時間帯は、一定の範囲内に定められていて、時間外に訪れたとしても、ロープが張られていて入ることができません。また、日光の当たり具合によって、飛行機の見え方もさまざまに変わってきます。それらの事情を考慮に入れて、スカイデッキを利用する時は、時間をチェックしてから行かれることをおすすめします。その他に、こちらの空港には駐車場や授乳室が設けられている他、ベビーカーを使用することも認められており、駅からほど近い場所にあるため、アクセス条件も良好であるというアドバンテージがあります。中部国際空港(セントレア空港)で航空券を利用した搭乗手続き、航空券の手配などをする際には、チケットの種類にも気を配ることが大切なファクターとなります。航空券の種類としては片道、往復、周回、オープンジョー、世界一周といったものが挙げられます。その内、片道のチケットに関しては、ご説明する必要は無いかも知れませんが、往復設定の航空券では、往復の経路が一致するという勘違いをする人がおられるかも知れません。しかしながら、この場合の往復とは、往路と復路で、同一の運賃が設定されている航空券のことを意味します。その一方で、往路と復路で、運賃が異なるチケットは、周回というカテゴリーに分類されます。