格安航空券・国内飛行機チケット > 国内空港・飛行場 > 粟国空港

国内航空券検索

粟国空港は、沖縄県の粟国島の粟国村にあります。使用者数は年間約1,000人程度の小さな空港で、1978年から空港として使用されています。路線は、那覇空港への発着便のみで、那覇空港へは約25分で到着します。1日に3便の定期便が発着していますが、使用されている飛行機は9人乗りの小さなプロペラ機です。乗客は体重測定をして座席が指定されます。航路以外には那覇港からフェリーが運航しています。那覇空港、粟国空港間の空路は、2008年にそれまで空路を運営していた航空会社が経営破綻したためにしばらく運休していましたが、2009年6月に別の航空会社が運営を引き継ぎました。しかし、2010年に赤字が続いたために再び運休が検討されていました。そこで、沖縄県が補助金を出すことを決定し、航空券の料金も30%引き下げになりました。那覇空港と粟国空港間の航空券は片道7,700円で購入することができます。ただし、航空券の購入や予約はウェブでは行えません。航空券の予約を行う場合は、航空会社に電話で行います。

粟国島は周囲が12.8㎞という小さな島で、回りをサンゴ礁で囲まれているとても美しい島です。昔から農業や漁業、牧畜、製塩業などが盛んです。特に、製塩業は天然の塩として全国的に人気が高まっています。また、近年では、その美しさ楽しむダイバーたちも多く、主に上級者向けのダイビングポイントとなっていて、粟国空港の航空券を利用して粟国島を訪れるダイバーは年々増加しています。粟国島は、小さな島なので島内には粟国村が1村だけしかなく、島の中心地から粟国空港までは徒歩で約40分くらいで行くことができますが、バスなどの交通機関もタクシーも存在しません。ただし、島民の方が経営しているレンタカーショップがあり、レンタカーを利用することができます。また、民宿などで自転車を貸し出していて、観光客の多くは自転車を利用しているようです。

粟国島の観光名所には鍾乳洞や美しい浜辺、海や地平線を眺めることができる展望台などがあります。また、粟国島では1999年に公開された映画が撮影されましたが、その映画の撮影に使用された場所や家なども観光名所の1つとなっています。粟国村がある粟国島は、沖縄本島から西に約60㎞で、粟国諸島と呼ばれる離島の1つです。粟国諸島には粟国島の他に渡名喜島、入砂島があり、入砂島は無人島です。渡名喜島には渡名喜村がありますが、空港はありません。粟国島と渡名喜島を結ぶ航路も無く、渡名喜島には那覇と久米島を結ぶフェリーが1日に1回運航しています。フェリーは1日に1便のみです。